【VR】ヤリモク美人女子大生裏垢女子とのリアルハーレム乱交~Mちゃん・Aちゃん・Rちゃん~


SNSで前から話していた仲良しの裏垢女子3人組。
ある日、その内の1人から「私たちとセックスしない?」とDMでお誘いが来た。
詳しく聞いてみると、普段からフォロワーやセフレから誰かを選んでは声を掛け、セックスしているという。
今回はボクも含め男2人に女3人。
彼女もいない、長らくセックスもしていないボクは、下心しかなかった相手からのその誘いを二つ返事で受けて……やってきたホテル、このチャンスを逃したくない。
3人全員とセックスをして、また誘ってもらえるように満足してもらうのだ。
※全編男優の頭にカメラを着けて撮影のため、従来のVR作品よりも多少の揺れがあります。
※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。
※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。
 「動作環境・対応デバイス」について ※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『アンフェ/マリオン/美少年/VR』はこちら!

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. 最高の乱交VR!!

    他の男優さんが映っていても問題ない方には最高のVR作品です!

    女優さん三人の安定の可愛さ!
    メロメロになるような演技!
    他の男優さんとのプレイも濃厚でほんとうに乱交をしているような夢の動画でした!

  2. 続編求む!

    ヘルメットカメラで動き回るタイプのVR!

    これめちゃくちゃ良いです、特にお尻に顔をうずめにいくシーンが2回ほどありますが密着感がたまりません。

    あと、キスの距離感が今まで見てきたVRの中で1番良いです。

    正直、他の男の出演はいらないので最初から最後までハーレム状態の続編を望みます。

  3. 遠くて近い

    まず、「 ハーレム(逆4P)」物として見ると、キャスティングは申し分なく、プレイ的にはも、ハメ回数と女子大生達との関係の深まりと共にゴム付き→生中田氏へと深化する流れは良かったが、最初に生ハメするのも、最後の相手も斎藤あみりなんで(或る意味で豪華な使い方だが)弥生みづきと流川莉央が引き立て役になってしまっていたと言うか、実質斎藤あみり「主演」作品な感が有ったので、彼女のファン以外には物足りなさが有る気がしたのと、「乱交」と言っても他に出てくる男は1人だけだし、そいつも途中で精根尽きて離脱(ただし見切れているだけなので部屋の隅に最後まで居る)して、最後は実質「ハーレム」になると言う展開や、女子達が随所で「(もう1人の男より)キミの方が気持ちいい」と自分アゲしてくれたり、しまいにゃ女子全員が自分だけと連絡先交換しようとする等、もう1人の男に対して「完全勝利」感を味あわせてくれる点で高評価出来るのだが、いざ「乱交」物として見ると、参加人数が男2と女3で「計5人」と言うのは、プレイヴァリエーション的にも人的ヴォリューム的にも不足を感じなくも無かったし、技術的にも「ウェアラブルカメラ」で撮影した事によるマイナス面が大きく出てしまったと言うか、以前と違い(個人的に)「VR酔い」は感じられなかった物の、如何せん固定(VR)カメラより「画質がイマイチ」と言うのは相変わらずな上に、湿気によるものか、後背位時にケツの肉にレンズが接触時に皮脂がついたせいなのか、画面が「曇っている」事が何度かあったりと、映像クオリティに不満が残る出来だった事も有り、一定以上の実用性は認める物の、「ハーレム」と「乱交」は近い様で「似て非なる物」で有る事を再認識させられた気がした。
  4. 割と酔わない あみりさんとできる 男ジャマ

    こういうVRは酔うと思ったんだけどあまりそういうところはなかった。
    前後や上下の移動では酔いやすいかも。
    接近してキスをするところは大丈夫だった。
    なんならもっとキスがあってもいいのに。
    少ない。

    斎藤あみりさんが最高です。
    他のVRよりリアルにしている感が強くてもっと見たかった。
    したかった。

    もう一人写っている男優ジャマ。
    一人で3人としているパターンので作り直してほしい。
    現実で他の男が舐めまわした乳首やあそこや唇を洗わずに自分が吸うことになったら最悪すぎる。

    同じコンセプトでより良いものを作ってほしい。

  5. これぞ求めていた乱交VR!

    ヘルメット型カメラ、いわゆるハメ撮りVRは一般的に「画質が良くない」「VR酔いする」「チンポジがずれる」とよく言われますが、この作品はびっくりするくらいそんなストレスがありません。
    部屋が明るくて画質良好。
    人間そのままの動きなのにスムーズであまり揺れない。
    チンポジずれは皆無だと思います。
    すごい!

    乱交ものVRでは、隣の男は好き勝手やってるのに主観の自分は座位か騎乗位のみというジレンマがありました。
    これは自分からキスしに行くし、流れるように体位が変わるし、立位や立ちバックなどもノーカットでできます。

    弥生みづきさん、流川莉央さん、斎藤あみりさんの演技が自然で、わちゃわちゃしながらも仲良し。
    しかも全員が美人!
    みんなが自分をちやほやしてくれるから非常に気分が良く、最後のハーレムでは優越感爆上がりでした!
    すっごいエロ楽しい空間です!

    既存のアダルトVRとは全然違って、今年観た作品の中で一番好きかも。
    これはすごい!

  6. 成り上がりかな

    最初は男がもう1人いて、完成されたコミュニティに放り込まれた自分という劣勢からのスタート。

    しかし1人1人と対戦していくにつれ自分の性欲を武器に彼女達を夢中にさせる、
    言うなればコミュニティ成り上がりVR。

    最後にはもう1人の男がダウンしてこっちに3人ともが寄ってくる全身に花状態のハーレム。

    乱交とハーレムを織り混ぜ、これ一本で色んなパターンを楽しめる。

    そしてそれを、全編ハメ撮りVRの手法で撮影している。

    これはとんでもない、自由に動き連続して色々なことができるのはこの手法のメリット。

    画質も良く動きも変なものはなく、酔わず見れたのでとても良いハメ撮りVRだった。

  7. ヘルメット撮影

    ヘルメットカメラでのハーレム作品なんて、いつぶりだろうか。
    ましてやこのメーカーとなると、初めてどころかヘルメットカメラでの作品自体が初、もしくは2本目?何よりも驚いたのは画質。
    制作側の声を聞くと仕様として画質が荒くなる、照明がなどと言われるが、この作品はその弱点を補うためかストーリーをつけて照明をぶち込み違和感なく画質の底上げをしていると思われ、ヘルメットカメラ作品としてはとても綺麗。
    そして何よりこの作品は、ハーレムだ。
    女優1人ではなく、3人もの女優を相手に連続でセックスができる贅沢。
    それぞれの女の子とのセックスを盛り込んだ上にハーレムもたっぷり。
    自分から動けるヘルメットとハーレムは相性がいいんじゃないかと前から思っていたが、その夢が叶う作品だった。
  8. 遠くて近い

    まず、「 ハーレム(逆4P)」物として見ると、キャスティングは申し分なく、プレイ的にはも、ハメ回数と女子大生達との関係の深まりと共にゴム付き→生中田氏へと深化する流れは良かったが、最初に生ハメするのも、最後の相手も斎藤あみりなんで(或る意味で豪華な使い方だが)弥生みづきと流川莉央が引き立て役になってしまっていたと言うか、実質斎藤あみり「主演」作品な感が有ったので、彼女のファン以外には物足りなさが有る気がしたのと、「乱交」と言っても他に出てくる男は1人だけだし、そいつも途中で精根尽きて離脱(ただし見切れているだけなので部屋の隅に最後まで居る)して、最後は実質「ハーレム」になると言う展開や、女子達が随所で「(もう1人の男より)キミの方が気持ちいい」と自分アゲしてくれたり、しまいにゃ女子全員が自分だけと連絡先交換しようとする等、もう1人の男に対して「完全勝利」感を味あわせてくれる点で高評価出来るのだが、いざ「乱交」物として見ると、参加人数が男2と女3で「計5人」と言うのは、プレイヴァリエーション的にも人的ヴォリューム的にも不足を感じなくも無かったし、技術的にも「ウェアラブルカメラ」で撮影した事によるマイナス面が大きく出てしまったと言うか、以前と違い(個人的に)「VR酔い」は感じられなかった物の、如何せん固定(VR)カメラより「画質がイマイチ」と言うのは相変わらずな上に、湿気によるものか、後背位時にケツの肉にレンズが接触時に皮脂がついたせいなのか、画面が「曇っている」事が何度かあったりと、映像クオリティに不満が残る出来だった事も有り、一定以上の実用性は認める物の、「ハーレム」と「乱交」は近い様で「似て非なる物」で有る事を再認識させられた気がした。
  9. 割と酔わない あみりさんとできる 男ジャマ

    こういうVRは酔うと思ったんだけどあまりそういうところはなかった。
    前後や上下の移動では酔いやすいかも。
    接近してキスをするところは大丈夫だった。
    なんならもっとキスがあってもいいのに。
    少ない。

    斎藤あみりさんが最高です。
    他のVRよりリアルにしている感が強くてもっと見たかった。
    したかった。

    もう一人写っている男優ジャマ。
    一人で3人としているパターンので作り直してほしい。
    現実で他の男が舐めまわした乳首やあそこや唇を洗わずに自分が吸うことになったら最悪すぎる。

    同じコンセプトでより良いものを作ってほしい。

  10. これぞ求めていた乱交VR!

    ヘルメット型カメラ、いわゆるハメ撮りVRは一般的に「画質が良くない」「VR酔いする」「チンポジがずれる」とよく言われますが、この作品はびっくりするくらいそんなストレスがありません。
    部屋が明るくて画質良好。
    人間そのままの動きなのにスムーズであまり揺れない。
    チンポジずれは皆無だと思います。
    すごい!

    乱交ものVRでは、隣の男は好き勝手やってるのに主観の自分は座位か騎乗位のみというジレンマがありました。
    これは自分からキスしに行くし、流れるように体位が変わるし、立位や立ちバックなどもノーカットでできます。

    弥生みづきさん、流川莉央さん、斎藤あみりさんの演技が自然で、わちゃわちゃしながらも仲良し。
    しかも全員が美人!
    みんなが自分をちやほやしてくれるから非常に気分が良く、最後のハーレムでは優越感爆上がりでした!
    すっごいエロ楽しい空間です!

    既存のアダルトVRとは全然違って、今年観た作品の中で一番好きかも。
    これはすごい!

  11. 成り上がりかな

    最初は男がもう1人いて、完成されたコミュニティに放り込まれた自分という劣勢からのスタート。

    しかし1人1人と対戦していくにつれ自分の性欲を武器に彼女達を夢中にさせる、
    言うなればコミュニティ成り上がりVR。

    最後にはもう1人の男がダウンしてこっちに3人ともが寄ってくる全身に花状態のハーレム。

    乱交とハーレムを織り混ぜ、これ一本で色んなパターンを楽しめる。

    そしてそれを、全編ハメ撮りVRの手法で撮影している。

    これはとんでもない、自由に動き連続して色々なことができるのはこの手法のメリット。

    画質も良く動きも変なものはなく、酔わず見れたのでとても良いハメ撮りVRだった。

  12. 続編求む!

    ヘルメットカメラで動き回るタイプのVR!

    これめちゃくちゃ良いです、特にお尻に顔をうずめにいくシーンが2回ほどありますが密着感がたまりません。

    あと、キスの距離感が今まで見てきたVRの中で1番良いです。

    正直、他の男の出演はいらないので最初から最後までハーレム状態の続編を望みます。

タイトルとURLをコピーしました