実写版!茜色に染まる若妻 前編後編~病室で僕の妻が寝取られた~


≪人気同人サークルHGTラボと初コラボ!≫茜色に染まる若妻を実写化です!
愛する夫と幸せな新婚生活を送る東野詩織。
そんなある日、夫が仕事中に引き起こした事故により彼女の日常は大きく変わる。
出世間近な夫は部下の風間に事故の責任を肩代わりしてもらっていて、風間は公にしないことを条件に入院中の性処理を詩織に要求するのであった。
涙をこらえながら夫の為に耐え忍ぶ詩織だが、心とは裏腹に肉体は茜色に染まり始めて…。
同人作品「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~」はこちら!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  2. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  3. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  4. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  5. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  6. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  7. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

  8. 原作とテイストは違うが、AVとしては良作

    原作は善良で品行方正な美男美女という、マンガの中にしか存在しないような理想の夫婦関係が壊れていく劇画調の作品なので、そのまま再現すると「夫に従順な清楚妻(笑)」的なコント感が出てしまうような難しい作風。
    夫役の堀尾も、どちらかというと元気な陽キャイメージの美園和花も原作にこだわってしまうとミスキャストだが、明るい家庭の雰囲気や、女優の若妻感はむしろリアルな質感があって決して悪くない。

    筋書き自体は平凡だし、カラミの内容もAVにしてしまうとありきたり。
    前半は原作通りのスカート着たままセックスが実写にしてしまうと腹巻状態で絵的にダサいし野暮ったくて、こういうところは再現性にこだわらなくてもいいのではと思う。

    女優のエロ慣れした感じも原作のキャラとは異なるが、それでも夫の裏の顔に気付くたびに、人妻が大胆にプレイを楽しむようになっていく開き直ったエロさは良かったし、夫とはゴム付きセックスしかして来なかったことが伝わるドラマ部分からの後半のセックスは、夫に裏切られた人妻の危険日不倫セックスの背徳感という、作品の一番肝心な部分が失われてなくて高評価。
    原作通りだと人妻が一方的に受け身で単調になるところを、生姦騎乗位を足すことによって、夫以外の男の子供を妊娠するかもしれない禁断のスリルに高ぶる人妻の積極性を強調。
    精神的な堕ちが分かりやすくなったし、メリハリを利かせる良い演出だと思う。

    最後のセリフも男優の言い方が、「旦那と別れて俺の女になれ」って圧をかけて選択を迫り、人妻が夫と別れることを決断する緊張感のある感じになってるあたりは、おだやかな純愛風に締める原作とは違うテイスト。
    個人的には状況に流されるメソメソ系キャラがあまり好みでないのもあって、人妻の自主性が強調されているこっちのほうが人格がリアルに感じられて好き。

    発売時期的に「マンガの実写化における原作の再現性」というタイムリーなネタになってしまった作品だが、原作を踏まえつつ、AVという120分の映像商品として成立するフォーマットに落とし込むアレンジが効いていて、個人的には餅は餅屋という理想的な関係になった良作だと思う。

タイトルとURLをコピーしました