ビリケツギャルだった私を進学させてくれた恩師と2年ぶりに再会… 生徒じゃなくオンナとして意識されたのが嬉しくて一晩中ハメまくり中出しされまくった一夜限りのオトナの授業 伊藤舞雪


勉強が出来なくても見捨てず味方になってくれた恩師のお陰で絶対に無理だと諦めていた大学進学が叶った。
2年ぶりに帰省したが両親は旅行中…先生に助けを求めたら渋々泊めてくれることに。
異性として意識したことなかったのに、露出の多い服を着てた私が悪いけど唐突に押し倒されショックに圧倒されながらセックス…嫌な筈なのに、嫌じゃなかった。
女として見られることに喜びすら感じてしまい、一晩中アホみたいに貪りあった。
※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『Kawaii*』はこちら!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. アプリ『エロムビ』でサンプル動画見て購入。

    先生の暴走がナイスで激しいピストンやりまくりトドメに中出し\(^o^)/
    その後はエロスイッチ入った舞雪ちゃんと先生で、お互い暴走セックスヤリまくりメチャ激しいハメでマジ抜ける\(^o^)/

    素晴らしい作品に出会えて、エロムビとKawaiiに感謝?

  2. AVならではの良質な大人のラブストーリーでした。

    大好きな女優さんの期待していた作品なのでセル店でDVDを購入して視聴しました。

    舞雪さんは今作でも非常に上手な演技で魅了してくれました。
    また、教師役の男優さんも
    演技に定評がある方で舞雪さんとの自然なやり取りがまさに「教師と元教え子」でした。

    NTRものや不倫もの、凌●ものや輪●もの作品にうんざりしている方におすすめです。

    最後は含みを持たせた終わり方ですが、私はハッピーエンドと解釈をしました。

    小松監督のシナリオと演出が光る、観た後にとても幸せな気分になる良作です。

    ファンの方はもちろん、エロくておかずになる作品をお探しの方にも見て頂きたいです。

    舞雪さんにはこれからもこんな味のある作品を期待します。

    【追記】
    今作の男優さんと舞雪さんが前回共演したこちらの作品もおすすめです。

    「痴●した制服美少女とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛 伊藤舞雪」

  3. ディテールは甘いけど、kawaiiにしては良いドラマ

    恩師に襲われちゃうというありがちな作風の中では割と純愛寄り。
    上京2年目の彼氏持ちギャルJDという設定で、実家に親が不在なだけで帰れない筋書きは鍵を忘れたとかもう少し何か理由づけが欲しいし、終電が早めになくなる田舎っぽさも絵的にいまいち伝わらないけど、女優の一人電話演技や恩師への無防備な感じも上手いし、偶然に偶然が重なる恩師との再会ドラマは割とスムーズ。
    公式25歳で20歳役に違和感がないのは、女優のコンディションだけでなくギャルというフォーマットの偉大さかも。

    最近このメーカーの作品を見ることがほぼなくて専属の伊藤舞雪も久々に見たけど、信頼・尊敬してた相手に犯●れて中出しまでされちゃうレ○プ気味の最初のカラミから、制服プレイでエロ心のスイッチが入っちゃう感じや、帰る前のラストセックスまで、シチュエーションに応じたセックスへの感情の乗せ方が以前よりかなり上手くなってていい感じ。

    一夜の間の連続中出しものなので、中盤みたいに自分が中出ししたばかりのマ○コを男がやたらクンニしたがるのは、全体の構成を考えていないテンプレセックスの繰り返しって感じであまり好きではないのだが、一応シャワー浴びた感じにしたりしてシーンごとの仕切り直し感を出したりはしているのでギリ許容範囲。
    ただ、そのへんを即ハメっぽくしたりしてディテールにこだわる監督もいるので、そこには及ばない。

    そんなに早く帰っても実家にまだ人いなくね?ってとこがじゃっかん引っかかる借り物っぽいエンディングがハッピーエンドなのか最後の思い出系なのか、タイトルが「一夜限りのオトナの授業」な意味やローファーの置き土産の解釈が分かれそうと思っちゃうのは朝霧浄ドラマに毒されてるのかもしれないけど、どっちにしてもこのメーカーにしてはドラマとしていい感じで、満点には届かないけど満足度は高めの星4つ。

  4. 朝イチが1番

    3回の絡みありますが、1番最後の朝イチの絡みが好みですねー。
  5. セーラー服のまゆきち

    まゆきちのセーラー服姿とても可愛いです。
    先生との久々の再会というシチュエーションやセーラー服を着て上目遣いでフ◯ラしているのも興奮します。
    制服姿のまゆきちをもっと見てみたいです!
  6. 大人まゆきちとJKまゆきち

    教え子が大人になってからのと教師の関係を描いたもので、伊藤舞雪さんの圧倒的クビレと美顔で抜き所もしっかり確保ている作品です。

    JKであれば制服セックスがメインになってくる中で、本作はあくまで大人になってからのお話。

    昔話に花を咲かせた後のレ●プ気味セックスと、恩師が懇願したJK制服セックスの時の伊藤舞雪さんは、JK時代にタイムスリップしているかの様に教師からの『教え』をチンポで受けている状態でした。

    それが朝になってからは一変して、伊藤舞雪さんが積極的に仕掛ける展開になり、今を生きる大人になったセックスに。

    冒頭に過去の話/映像を交えて2人の関係をしっかりと描き、3チャプター3セックスでそれぞれのセックスの意味を変えてくる。
    小松セブンティーン監督の構成力が光ります。
    あえて制服に頼り切らず1チャプターのみの演出とした点が素晴らしいですね!

  7. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  8. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  9. 大人まゆきちとJKまゆきち

    教え子が大人になってからのと教師の関係を描いたもので、伊藤舞雪さんの圧倒的クビレと美顔で抜き所もしっかり確保ている作品です。

    JKであれば制服セックスがメインになってくる中で、本作はあくまで大人になってからのお話。

    昔話に花を咲かせた後のレ●プ気味セックスと、恩師が懇願したJK制服セックスの時の伊藤舞雪さんは、JK時代にタイムスリップしているかの様に教師からの『教え』をチンポで受けている状態でした。

    それが朝になってからは一変して、伊藤舞雪さんが積極的に仕掛ける展開になり、今を生きる大人になったセックスに。

    冒頭に過去の話/映像を交えて2人の関係をしっかりと描き、3チャプター3セックスでそれぞれのセックスの意味を変えてくる。
    小松セブンティーン監督の構成力が光ります。
    あえて制服に頼り切らず1チャプターのみの演出とした点が素晴らしいですね!

  10. カルバンクライン

    最後のチャプターの衣装が最高。
    黒のカルバンクラインが一番似合う女優さんだと思います。

    めっちゃ抜けます

  11. 黒カルバンクライン反則です

    黒のカルバンクラインが似合いすぎてヤバいです。
    裸を何度も見てるのに、この黒下着の破壊力は半端ないです。

    マユキチの美ボディがさらに映えて、美味マックスです。

    グラビアアイドルよりビキニが似合うセクシー女優。
    表現力抜群なので、水着、ビキニのイメージでも果てます。

  12. 一夜限りなのかなぁ

    タイトルに一夜限りのオトナの授業ってあるんだが
    いろいろ想わせてくれる
    生徒でいられなくなるかもよ~
    結婚と刺繍されたお守り
    ひとり目覚めた先生と片方だけの靴
    ハッピーエンドであってほしいと思う
  13. 大人まゆきちとJKまゆきち

    教え子が大人になってからのと教師の関係を描いたもので、伊藤舞雪さんの圧倒的クビレと美顔で抜き所もしっかり確保ている作品です。

    JKであれば制服セックスがメインになってくる中で、本作はあくまで大人になってからのお話。

    昔話に花を咲かせた後のレ●プ気味セックスと、恩師が懇願したJK制服セックスの時の伊藤舞雪さんは、JK時代にタイムスリップしているかの様に教師からの『教え』をチンポで受けている状態でした。

    それが朝になってからは一変して、伊藤舞雪さんが積極的に仕掛ける展開になり、今を生きる大人になったセックスに。

    冒頭に過去の話/映像を交えて2人の関係をしっかりと描き、3チャプター3セックスでそれぞれのセックスの意味を変えてくる。
    小松セブンティーン監督の構成力が光ります。
    あえて制服に頼り切らず1チャプターのみの演出とした点が素晴らしいですね!

  14. なんと言っても最後のシーン

    前半は普通の作品。
    最後はまさかのカルバンクライン姿で登場しており、最高と思いきや全裸になるので少し残念でした。
    ただバックでガンつきするところは最高です。
  15. 大人まゆきちとJKまゆきち

    教え子が大人になってからのと教師の関係を描いたもので、伊藤舞雪さんの圧倒的クビレと美顔で抜き所もしっかり確保ている作品です。

    JKであれば制服セックスがメインになってくる中で、本作はあくまで大人になってからのお話。

    昔話に花を咲かせた後のレ●プ気味セックスと、恩師が懇願したJK制服セックスの時の伊藤舞雪さんは、JK時代にタイムスリップしているかの様に教師からの『教え』をチンポで受けている状態でした。

    それが朝になってからは一変して、伊藤舞雪さんが積極的に仕掛ける展開になり、今を生きる大人になったセックスに。

    冒頭に過去の話/映像を交えて2人の関係をしっかりと描き、3チャプター3セックスでそれぞれのセックスの意味を変えてくる。
    小松セブンティーン監督の構成力が光ります。
    あえて制服に頼り切らず1チャプターのみの演出とした点が素晴らしいですね!

  16. アプリ『エロムビ』でサンプル動画見て購入。

    先生の暴走がナイスで激しいピストンやりまくりトドメに中出し\(^o^)/
    その後はエロスイッチ入った舞雪ちゃんと先生で、お互い暴走セックスヤリまくりメチャ激しいハメでマジ抜ける\(^o^)/

    素晴らしい作品に出会えて、エロムビとKawaiiに感謝?

  17. 一夜限りなのかなぁ

    タイトルに一夜限りのオトナの授業ってあるんだが
    いろいろ想わせてくれる
    生徒でいられなくなるかもよ~
    結婚と刺繍されたお守り
    ひとり目覚めた先生と片方だけの靴
    ハッピーエンドであってほしいと思う
  18. カルバンクライン

    最後のチャプターの衣装が最高。
    黒のカルバンクラインが一番似合う女優さんだと思います。

    めっちゃ抜けます

  19. カルバンクライン

    最後のチャプターの衣装が最高。
    黒のカルバンクラインが一番似合う女優さんだと思います。

    めっちゃ抜けます

  20. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  21. セーラー服のまゆきち

    まゆきちのセーラー服姿とても可愛いです。
    先生との久々の再会というシチュエーションやセーラー服を着て上目遣いでフ◯ラしているのも興奮します。
    制服姿のまゆきちをもっと見てみたいです!
  22. E90さん より:
    一級品

    AVとしても映画としても見事な出来映え。
    ラストはぼやかすのではなく、はっきりとして欲しかった。
    ハッピーエンドだと思いたいが、タイトルに「一夜限り」とあるので、やはり……。
  23. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  24. ディテールは甘いけど、kawaiiにしては良いドラマ

    恩師に襲われちゃうというありがちな作風の中では割と純愛寄り。
    上京2年目の彼氏持ちギャルJDという設定で、実家に親が不在なだけで帰れない筋書きは鍵を忘れたとかもう少し何か理由づけが欲しいし、終電が早めになくなる田舎っぽさも絵的にいまいち伝わらないけど、女優の一人電話演技や恩師への無防備な感じも上手いし、偶然に偶然が重なる恩師との再会ドラマは割とスムーズ。
    公式25歳で20歳役に違和感がないのは、女優のコンディションだけでなくギャルというフォーマットの偉大さかも。

    最近このメーカーの作品を見ることがほぼなくて専属の伊藤舞雪も久々に見たけど、信頼・尊敬してた相手に犯●れて中出しまでされちゃうレ○プ気味の最初のカラミから、制服プレイでエロ心のスイッチが入っちゃう感じや、帰る前のラストセックスまで、シチュエーションに応じたセックスへの感情の乗せ方が以前よりかなり上手くなってていい感じ。

    一夜の間の連続中出しものなので、中盤みたいに自分が中出ししたばかりのマ○コを男がやたらクンニしたがるのは、全体の構成を考えていないテンプレセックスの繰り返しって感じであまり好きではないのだが、一応シャワー浴びた感じにしたりしてシーンごとの仕切り直し感を出したりはしているのでギリ許容範囲。
    ただ、そのへんを即ハメっぽくしたりしてディテールにこだわる監督もいるので、そこには及ばない。

    そんなに早く帰っても実家にまだ人いなくね?ってとこがじゃっかん引っかかる借り物っぽいエンディングがハッピーエンドなのか最後の思い出系なのか、タイトルが「一夜限りのオトナの授業」な意味やローファーの置き土産の解釈が分かれそうと思っちゃうのは朝霧浄ドラマに毒されてるのかもしれないけど、どっちにしてもこのメーカーにしてはドラマとしていい感じで、満点には届かないけど満足度は高めの星4つ。

  25. オジサンとの絡みがよく似合う

    伊藤舞雪さんは相変わらずの完璧スタイルの女性で、本作はドラマシーンが長めですが演技力も高いので変な感じにはなりません。
    セーラー服姿と最後のカルバンクラインの下着姿がエロいです。
  26. オジサンとの絡みがよく似合う

    伊藤舞雪さんは相変わらずの完璧スタイルの女性で、本作はドラマシーンが長めですが演技力も高いので変な感じにはなりません。
    セーラー服姿と最後のカルバンクラインの下着姿がエロいです。
  27. E90さん より:
    一級品

    AVとしても映画としても見事な出来映え。
    ラストはぼやかすのではなく、はっきりとして欲しかった。
    ハッピーエンドだと思いたいが、タイトルに「一夜限り」とあるので、やはり……。
  28. AVならではの良質な大人のラブストーリーでした。

    大好きな女優さんの期待していた作品なのでセル店でDVDを購入して視聴しました。

    舞雪さんは今作でも非常に上手な演技で魅了してくれました。
    また、教師役の男優さんも
    演技に定評がある方で舞雪さんとの自然なやり取りがまさに「教師と元教え子」でした。

    NTRものや不倫もの、凌●ものや輪●もの作品にうんざりしている方におすすめです。

    最後は含みを持たせた終わり方ですが、私はハッピーエンドと解釈をしました。

    小松監督のシナリオと演出が光る、観た後にとても幸せな気分になる良作です。

    ファンの方はもちろん、エロくておかずになる作品をお探しの方にも見て頂きたいです。

    舞雪さんにはこれからもこんな味のある作品を期待します。

    【追記】
    今作の男優さんと舞雪さんが前回共演したこちらの作品もおすすめです。

    「痴●した制服美少女とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛 伊藤舞雪」

  29. オジサンとの絡みがよく似合う

    伊藤舞雪さんは相変わらずの完璧スタイルの女性で、本作はドラマシーンが長めですが演技力も高いので変な感じにはなりません。
    セーラー服姿と最後のカルバンクラインの下着姿がエロいです。
  30. 黒カルバンクライン反則です

    黒のカルバンクラインが似合いすぎてヤバいです。
    裸を何度も見てるのに、この黒下着の破壊力は半端ないです。

    マユキチの美ボディがさらに映えて、美味マックスです。

    グラビアアイドルよりビキニが似合うセクシー女優。
    表現力抜群なので、水着、ビキニのイメージでも果てます。

  31. E90さん より:
    一級品

    AVとしても映画としても見事な出来映え。
    ラストはぼやかすのではなく、はっきりとして欲しかった。
    ハッピーエンドだと思いたいが、タイトルに「一夜限り」とあるので、やはり……。
  32. AVならではの良質な大人のラブストーリーでした。

    大好きな女優さんの期待していた作品なのでセル店でDVDを購入して視聴しました。

    舞雪さんは今作でも非常に上手な演技で魅了してくれました。
    また、教師役の男優さんも
    演技に定評がある方で舞雪さんとの自然なやり取りがまさに「教師と元教え子」でした。

    NTRものや不倫もの、凌●ものや輪●もの作品にうんざりしている方におすすめです。

    最後は含みを持たせた終わり方ですが、私はハッピーエンドと解釈をしました。

    小松監督のシナリオと演出が光る、観た後にとても幸せな気分になる良作です。

    ファンの方はもちろん、エロくておかずになる作品をお探しの方にも見て頂きたいです。

    舞雪さんにはこれからもこんな味のある作品を期待します。

    【追記】
    今作の男優さんと舞雪さんが前回共演したこちらの作品もおすすめです。

    「痴●した制服美少女とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛 伊藤舞雪」

  33. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  34. E90さん より:
    一級品

    AVとしても映画としても見事な出来映え。
    ラストはぼやかすのではなく、はっきりとして欲しかった。
    ハッピーエンドだと思いたいが、タイトルに「一夜限り」とあるので、やはり……。
  35. セーラー服のまゆきち

    まゆきちのセーラー服姿とても可愛いです。
    先生との久々の再会というシチュエーションやセーラー服を着て上目遣いでフ◯ラしているのも興奮します。
    制服姿のまゆきちをもっと見てみたいです!
  36. オジサンとの絡みがよく似合う

    伊藤舞雪さんは相変わらずの完璧スタイルの女性で、本作はドラマシーンが長めですが演技力も高いので変な感じにはなりません。
    セーラー服姿と最後のカルバンクラインの下着姿がエロいです。
  37. 一夜限りなのかなぁ

    タイトルに一夜限りのオトナの授業ってあるんだが
    いろいろ想わせてくれる
    生徒でいられなくなるかもよ~
    結婚と刺繍されたお守り
    ひとり目覚めた先生と片方だけの靴
    ハッピーエンドであってほしいと思う
  38. セーラー服のまゆきち

    まゆきちのセーラー服姿とても可愛いです。
    先生との久々の再会というシチュエーションやセーラー服を着て上目遣いでフ◯ラしているのも興奮します。
    制服姿のまゆきちをもっと見てみたいです!
  39. 一夜限りなのかなぁ

    タイトルに一夜限りのオトナの授業ってあるんだが
    いろいろ想わせてくれる
    生徒でいられなくなるかもよ~
    結婚と刺繍されたお守り
    ひとり目覚めた先生と片方だけの靴
    ハッピーエンドであってほしいと思う
  40. 黒カルバンクライン反則です

    黒のカルバンクラインが似合いすぎてヤバいです。
    裸を何度も見てるのに、この黒下着の破壊力は半端ないです。

    マユキチの美ボディがさらに映えて、美味マックスです。

    グラビアアイドルよりビキニが似合うセクシー女優。
    表現力抜群なので、水着、ビキニのイメージでも果てます。

  41. the1207さん より:
    2023年にリリースされた作品の中で、断トツのマイベスト

    些かタイトルネタが古いのとそれに引き摺られたパケ写のみイマイチながら、女優・男優の演技、脚本・演出、カメラワーク等が高レベルなことは元より、舞雪さんでなければ成り立たない作品なことが何より素晴らしく、代替の効かない点がベスト作の決め手。

    まず、構成がよく練られている。
    各絡み(3回)に異なった意味合いが持たされていて、それを完璧に演じ分ける舞雪さんが見事。
    冒頭の恩師宅、高校時代を懐かしむ会話シーンだけでも舞雪さんの演技力の確かさが十分に伝わる。
    表情、仕草、声のトーン等を自在に使い分ける完璧な芝居。
    差込まれる学生時代の恩師との居残り講習シーン等、回想の使い方、作り込みも丁寧。
    一瞬しか登場しない生活指導の先生にいかにもなイカつめ男優を起用するなど配役への目配りも行き届き、ドラマ物としてあらゆる要素への監督の拘りを実感。

    回想で恩師との親交を描き、教師の朴訥で温厚なキャラと舞雪さんの恩師への信頼・親愛関係を見せ、現在へ。
    可愛く酔っ払った舞雪さんの露わな太ももやお尻の魅力、魔力には抗いきれず一線を超えてしまう教師。
    信頼が裏切られた感溢れる台詞回しと真面な身体的抵抗が相まった舞雪さんの演技が秀逸。

    リビング。
    誠心誠意謝る先生。
    生徒ではなく女としてしか見れなくて、に対するはにかみ、恥じらいと微かな喜びの演技に感嘆。
    制服着用を懇願、可笑しくなる舞雪さん。
    当時「したかった」セックス。
    添い寝で目覚めた翌朝、色気が溢れんばかりの大人の女に一変している舞雪さん。
    女優。
    唐突に不純異性行為を禁じる校則を諳んじ始める。
    教師と生徒というくびき、関係を解き放つ儀式。
    「だよ、先生/先生のくせに/女にさせたのは…」など一連の台詞、舞雪さんの演技・エロスは鳥肌物。

    制服を単なる衣装としてではなく、過去の記憶、気持ちを呼び覚まし、将来の関係性への橋渡し的なアイコンとして使っているのが同類の作品と一線を画していて秀抜。

    舞雪さんのドラマ物は、ドラマ面の出来の如何を問わず美麗なお身体や美顔、攻めても攻められても抜き所しかないプレイでも必ずしっかり魅せてくれるが、逆にプレイ面はある種完成した感もあり、作品毎に違いが出しづらい。
    本作のようにドラマ面で丁寧な作り込みが為されれば、舞雪さんの演技も心情推移をしっかり載せたプレイもなお活きて、名作となるのは必定。
    今後も佳い本・演出の作品でその才を存分に発揮して欲しい。

  42. 朝イチが1番

    3回の絡みありますが、1番最後の朝イチの絡みが好みですねー。
  43. AVならではの良質な大人のラブストーリーでした。

    大好きな女優さんの期待していた作品なのでセル店でDVDを購入して視聴しました。

    舞雪さんは今作でも非常に上手な演技で魅了してくれました。
    また、教師役の男優さんも
    演技に定評がある方で舞雪さんとの自然なやり取りがまさに「教師と元教え子」でした。

    NTRものや不倫もの、凌●ものや輪●もの作品にうんざりしている方におすすめです。

    最後は含みを持たせた終わり方ですが、私はハッピーエンドと解釈をしました。

    小松監督のシナリオと演出が光る、観た後にとても幸せな気分になる良作です。

    ファンの方はもちろん、エロくておかずになる作品をお探しの方にも見て頂きたいです。

    舞雪さんにはこれからもこんな味のある作品を期待します。

    【追記】
    今作の男優さんと舞雪さんが前回共演したこちらの作品もおすすめです。

    「痴●した制服美少女とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛 伊藤舞雪」

  44. AVならではの良質な大人のラブストーリーでした。

    大好きな女優さんの期待していた作品なのでセル店でDVDを購入して視聴しました。

    舞雪さんは今作でも非常に上手な演技で魅了してくれました。
    また、教師役の男優さんも
    演技に定評がある方で舞雪さんとの自然なやり取りがまさに「教師と元教え子」でした。

    NTRものや不倫もの、凌●ものや輪●もの作品にうんざりしている方におすすめです。

    最後は含みを持たせた終わり方ですが、私はハッピーエンドと解釈をしました。

    小松監督のシナリオと演出が光る、観た後にとても幸せな気分になる良作です。

    ファンの方はもちろん、エロくておかずになる作品をお探しの方にも見て頂きたいです。

    舞雪さんにはこれからもこんな味のある作品を期待します。

    【追記】
    今作の男優さんと舞雪さんが前回共演したこちらの作品もおすすめです。

    「痴●した制服美少女とその後、むさぼり合うようなドエロ純愛 伊藤舞雪」

  45. 黒カルバンクライン反則です

    黒のカルバンクラインが似合いすぎてヤバいです。
    裸を何度も見てるのに、この黒下着の破壊力は半端ないです。

    マユキチの美ボディがさらに映えて、美味マックスです。

    グラビアアイドルよりビキニが似合うセクシー女優。
    表現力抜群なので、水着、ビキニのイメージでも果てます。

  46. 黒カルバンクライン反則です

    黒のカルバンクラインが似合いすぎてヤバいです。
    裸を何度も見てるのに、この黒下着の破壊力は半端ないです。

    マユキチの美ボディがさらに映えて、美味マックスです。

    グラビアアイドルよりビキニが似合うセクシー女優。
    表現力抜群なので、水着、ビキニのイメージでも果てます。

  47. 朝イチが1番

    3回の絡みありますが、1番最後の朝イチの絡みが好みですねー。
  48. アプリ『エロムビ』でサンプル動画見て購入。

    先生の暴走がナイスで激しいピストンやりまくりトドメに中出し\(^o^)/
    その後はエロスイッチ入った舞雪ちゃんと先生で、お互い暴走セックスヤリまくりメチャ激しいハメでマジ抜ける\(^o^)/

    素晴らしい作品に出会えて、エロムビとKawaiiに感謝?

  49. アプリ『エロムビ』でサンプル動画見て購入。

    先生の暴走がナイスで激しいピストンやりまくりトドメに中出し\(^o^)/
    その後はエロスイッチ入った舞雪ちゃんと先生で、お互い暴走セックスヤリまくりメチャ激しいハメでマジ抜ける\(^o^)/

    素晴らしい作品に出会えて、エロムビとKawaiiに感謝?

  50. セーラー服のまゆきち

    まゆきちのセーラー服姿とても可愛いです。
    先生との久々の再会というシチュエーションやセーラー服を着て上目遣いでフ◯ラしているのも興奮します。
    制服姿のまゆきちをもっと見てみたいです!
  51. E90さん より:
    一級品

    AVとしても映画としても見事な出来映え。
    ラストはぼやかすのではなく、はっきりとして欲しかった。
    ハッピーエンドだと思いたいが、タイトルに「一夜限り」とあるので、やはり……。
  52. ディテールは甘いけど、kawaiiにしては良いドラマ

    恩師に襲われちゃうというありがちな作風の中では割と純愛寄り。
    上京2年目の彼氏持ちギャルJDという設定で、実家に親が不在なだけで帰れない筋書きは鍵を忘れたとかもう少し何か理由づけが欲しいし、終電が早めになくなる田舎っぽさも絵的にいまいち伝わらないけど、女優の一人電話演技や恩師への無防備な感じも上手いし、偶然に偶然が重なる恩師との再会ドラマは割とスムーズ。
    公式25歳で20歳役に違和感がないのは、女優のコンディションだけでなくギャルというフォーマットの偉大さかも。

    最近このメーカーの作品を見ることがほぼなくて専属の伊藤舞雪も久々に見たけど、信頼・尊敬してた相手に犯●れて中出しまでされちゃうレ○プ気味の最初のカラミから、制服プレイでエロ心のスイッチが入っちゃう感じや、帰る前のラストセックスまで、シチュエーションに応じたセックスへの感情の乗せ方が以前よりかなり上手くなってていい感じ。

    一夜の間の連続中出しものなので、中盤みたいに自分が中出ししたばかりのマ○コを男がやたらクンニしたがるのは、全体の構成を考えていないテンプレセックスの繰り返しって感じであまり好きではないのだが、一応シャワー浴びた感じにしたりしてシーンごとの仕切り直し感を出したりはしているのでギリ許容範囲。
    ただ、そのへんを即ハメっぽくしたりしてディテールにこだわる監督もいるので、そこには及ばない。

    そんなに早く帰っても実家にまだ人いなくね?ってとこがじゃっかん引っかかる借り物っぽいエンディングがハッピーエンドなのか最後の思い出系なのか、タイトルが「一夜限りのオトナの授業」な意味やローファーの置き土産の解釈が分かれそうと思っちゃうのは朝霧浄ドラマに毒されてるのかもしれないけど、どっちにしてもこのメーカーにしてはドラマとしていい感じで、満点には届かないけど満足度は高めの星4つ。

  53. 大人まゆきちとJKまゆきち

    教え子が大人になってからのと教師の関係を描いたもので、伊藤舞雪さんの圧倒的クビレと美顔で抜き所もしっかり確保ている作品です。

    JKであれば制服セックスがメインになってくる中で、本作はあくまで大人になってからのお話。

    昔話に花を咲かせた後のレ●プ気味セックスと、恩師が懇願したJK制服セックスの時の伊藤舞雪さんは、JK時代にタイムスリップしているかの様に教師からの『教え』をチンポで受けている状態でした。

    それが朝になってからは一変して、伊藤舞雪さんが積極的に仕掛ける展開になり、今を生きる大人になったセックスに。

    冒頭に過去の話/映像を交えて2人の関係をしっかりと描き、3チャプター3セックスでそれぞれのセックスの意味を変えてくる。
    小松セブンティーン監督の構成力が光ります。
    あえて制服に頼り切らず1チャプターのみの演出とした点が素晴らしいですね!

  54. アプリ『エロムビ』でサンプル動画見て購入。

    先生の暴走がナイスで激しいピストンやりまくりトドメに中出し\(^o^)/
    その後はエロスイッチ入った舞雪ちゃんと先生で、お互い暴走セックスヤリまくりメチャ激しいハメでマジ抜ける\(^o^)/

    素晴らしい作品に出会えて、エロムビとKawaiiに感謝?

  55. ディテールは甘いけど、kawaiiにしては良いドラマ

    恩師に襲われちゃうというありがちな作風の中では割と純愛寄り。
    上京2年目の彼氏持ちギャルJDという設定で、実家に親が不在なだけで帰れない筋書きは鍵を忘れたとかもう少し何か理由づけが欲しいし、終電が早めになくなる田舎っぽさも絵的にいまいち伝わらないけど、女優の一人電話演技や恩師への無防備な感じも上手いし、偶然に偶然が重なる恩師との再会ドラマは割とスムーズ。
    公式25歳で20歳役に違和感がないのは、女優のコンディションだけでなくギャルというフォーマットの偉大さかも。

    最近このメーカーの作品を見ることがほぼなくて専属の伊藤舞雪も久々に見たけど、信頼・尊敬してた相手に犯●れて中出しまでされちゃうレ○プ気味の最初のカラミから、制服プレイでエロ心のスイッチが入っちゃう感じや、帰る前のラストセックスまで、シチュエーションに応じたセックスへの感情の乗せ方が以前よりかなり上手くなってていい感じ。

    一夜の間の連続中出しものなので、中盤みたいに自分が中出ししたばかりのマ○コを男がやたらクンニしたがるのは、全体の構成を考えていないテンプレセックスの繰り返しって感じであまり好きではないのだが、一応シャワー浴びた感じにしたりしてシーンごとの仕切り直し感を出したりはしているのでギリ許容範囲。
    ただ、そのへんを即ハメっぽくしたりしてディテールにこだわる監督もいるので、そこには及ばない。

    そんなに早く帰っても実家にまだ人いなくね?ってとこがじゃっかん引っかかる借り物っぽいエンディングがハッピーエンドなのか最後の思い出系なのか、タイトルが「一夜限りのオトナの授業」な意味やローファーの置き土産の解釈が分かれそうと思っちゃうのは朝霧浄ドラマに毒されてるのかもしれないけど、どっちにしてもこのメーカーにしてはドラマとしていい感じで、満点には届かないけど満足度は高めの星4つ。

タイトルとURLをコピーしました